赤ニキビ治らない?原因は?赤 ニキビを一 晩で治す方法は?

赤ニキビ治らない?原因は?赤 ニキビを一 晩で治す方法は?

コロナ禍でマスクをするようになって久しいですが、マスクをつけ続けることによって、肌が荒れたり、ひどい時にはニキビが出来ることもあります。

特に、赤ニキビが出来たりすると、痛みや熱を伴ったりして、辛かったりしますよね。

マスクをしてなくても、出てくると辛い赤ニキビ。

今回は、赤ニキビについて、開設します。

 

赤ニキビ治らない?原因は?

引用:https://www.ac-illust.com/

赤ニキビは、どうしてできるのでしょう?

赤ニキビの出来る原因・メカニズムを解説していきます。

毛穴が詰まってニキビになる

一般的に、ニキビというのは、皮脂や汚れなどで毛穴が詰まった状態を言います。

毛穴が詰まってしまうと、皮脂腺から分泌した皮脂が出口を失ってしまい、毛穴の中に溜まってしまいます。

この皮脂の塊が、白ニキビと呼ばれるものです。

白ニキビは、溜まった皮脂を出してしまえばいいので、洗顔などで除去することが出来ます。

ニキビの跡として、クレーター状の跡が残ることがありますが、これは肌のターンオーバーによって、時間が解決してくれます。

 

赤ニキビの原因はアクネ菌

白ニキビが悪化して炎症を起こし、赤く腫れた状態のことを赤ニキビと言います。

炎症を引き起こし、赤ニキビにしてしまう原因はアクネ菌と呼ばれる常在菌です。

アクネ菌は、普段から肌に存在しており、肌を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑えてくれる働きがあります。

アクネ菌自体は、私たちの肌にとって重要な役割を持つ菌なのです。

でも、アクネ菌が増えすぎると、アクネ菌により作られた物質で肌が炎症を起こしてしまいます。

アクネ菌が増える原因は?

アクネ菌は、皮脂を餌として繁殖します。

ストレスやホルモンバランスの乱れなどで、皮脂の分泌が高まると、皮脂を餌とするアクネ菌も増殖してしまいます。

また、白ニキビを放っておくと、白ニキビの中には皮脂が溜まっているので、アクネ菌が繁殖しやすい環境が出来たがっています。

白ニキビを放置すると、赤ニキビになってしまうのは、白ニキビ内の皮脂でアクネ菌が繁殖するからです。

アクネ菌の増殖を抑えるには、皮脂の分泌が過剰にならないようにすることが重要です。

 

赤 ニキビを一 晩で治す方法はある?

引用:https://www.ac-illust.com/

赤ニキビは、出来てしまうとなかなか治りづらいもの。

なんとか簡単に直す方法はないかと考えてしまいますよね。

そこで、赤ニキビを治すために、どのようなケアが必要なのかを確認し、ネットで流布している「赤ニキビを一晩で治す方法」について、ご紹介していきましょう。

 

赤ニキビを治すには

赤ニキビを治すには、先ずは炎症を抑えなければなりません。

抗生物質やステロイドで消炎することも必要になるでしょう。

赤ニキビが出来る肌は、バリア機能が低下し、刺激に弱くなっています。

刺激を極力避けながら、しっかりと洗顔し、余分な皮脂を取り除きます。

後は、肌のターンオーバーでニキビが排出されるまで待ちます。

この期間が長く、根気が必要となります。

 

赤ニキビを一晩で治す方法

のっけから否定してしまいますが、赤ニキビを一晩で治すというのは不可能とまでは言わないものの、かなり難解なことでしょう。

でも、赤ニキビを目立たなくすることは可能です。

赤ニキビを目立たなくするには、先ずは抗炎症薬を用意しましょう。

抗炎症薬は、湿疹などに効果がある軟膏として、薬局で購入することが出来ます。

洗顔して、清潔な状態にしておき、ニキビ以外の部分に化粧水をつけます。

ニキビを覆うようにして抗炎症薬を塗ります。

あとは、そのまま一晩待ちましょう。

抗炎症薬によって赤ニキビの炎症が抑えられ、赤ニキビが目立たなくなることが期待できます。

 

まとめ

赤ニキビの原因は、アクネ菌です。

アクネ菌は、肌を弱酸性に保つために必要な常在菌ですが、皮脂の過剰分泌などによって増殖すると、肌に炎症を起こします。

赤ニキビを治すには、まず炎症を抑え、洗顔などで過剰な皮脂を取り除きましょう。

時間をかければ、肌のターンオーバーによって、肌から排出されます。

一晩で、赤ニキビを目立たなくするには、抗炎症剤を利用します。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。