赤ニキビ・ニキビ跡におすすめニキビパッチ!効果的な使い方は?

赤ニキビを治したい。ニキビ跡をきれいにしたい。

でも、ニキビは下手に触ると悪化するし、なかなか手が出せませんよね。

うかつに潰してしまおうものなら、却って治るまで時間がかかったりします。

でも、気になって、ついつい触ってしまうということも…

そんな時にオススメなのが、ニキビパッチ。

ニキビに直接貼り付けることで、ニキビを刺激や紫外線から保護し、ニキビ跡が残りにくくなる効果が期待できます。

この記事では、ニキビパッチについて、簡単に解説していきます。

 

赤ニキビ・ニキビ跡におすすめニキビパッチ!

引用:https://www.ac-illust.com/

赤ニキビが出来てしまった時には、ニキビパッチで保護するのがオススメです。

でも、ニキビパッチでニキビを治療することはできないので、そこのところは、注意しましょう。

ニキビパッチをすることで、どのような効果が期待できるのか、ご紹介していきます。

ニキビの保護

ニキビパッチは、ニキビを保護し、ニキビ跡が残るのを予防する効果が期待できます。

ニキビを治すには、ニキビに摩擦などの刺激を与えないようにしなければなりません。

ニキビを潰してしまうと、治りが遅くなるだけでなく、跡が残ってしまうこともあります。

そのため、ニキビを潰してしまわないように、ニキビパッチで保護してしまうのがいいでしょう。

特に、ニキビを触ってしまう癖のある人には、ニキビパッチは有効です。

 

ニキビが悪化することもある

ニキビパッチは、医療用として認可されていません。

そのため、ニキビパッチを医療用として使うことはできません。

飽くまでニキビを保護するためのパッチであり、自己責任で使うことになります。

また、ニキビパッチを使うことで、かなり稀ですが、ニキビが悪化する可能性もあります。

ニキビは毛穴のつまりで出来ます。

ニキビパッチが毛穴を塞ぐことで、ニキビが悪化することも考えられるのです。

また、赤ニキビの原因はアクネ菌ですが、アクネ菌は嫌気性(酸素がない状態を好む)の菌です。

ニキビパッチによって空気が遮断され、アクネ菌が繁殖しやすくなる可能性もあるということです。

とはいえ、ニキビパッチを付ける前に、肌を清潔にしておけば、上記のようなトラブルはそうそう起きないはずなので、ニキビパッチの使用を不必要に怖がることはないでしょう。

 

赤ニキビにはニードルタイプがオススメ

ニキビパッチには、主に3種類あります。

保護タイプ・ハイドロコロイドタイプ・ニードルタイプの3種類です。

保護タイプは、単純にニキビの上を覆って、ニキビを保護するタイプです。

保護するだけなので、炎症や化膿を起こしていない白ニキビに向いています。

ハイドロコロイドタイプは、ポリマーを使って水分を吸収します。

キズパワーパッドや、デュオアクティブに使われているもので、傷の治りを早くする効果があります。

ニキビを潰してしまった場合や、赤ニキビが悪化して膿が出てしまった黄ニキビに適しています。

ニードルタイプは、マイクロニードルという薬剤で出来たハリ・トゲが付いているタイプです。

マイクロニードルは、肌に突き刺さり、肌内部から薬剤を浸透させる仕組みで、殺菌成分や保湿成分が配合され、アクネ菌の働きを抑え、赤ニキビの改善が期待できます。

薬剤で出来たハリ・トゲと言っても、貼り付ける時には特に痛みはなく、敏感な人なら刺激を感じる程度のものです。

 

ニキビパッチ!効果的な使い方は?

引用:https://www.photo-ac.com/

ニキビパッチの効果的な使い方をご紹介します。

洗顔後の清潔な肌に貼り付ける

ニキビパッチを貼り付ける時は、事前に洗顔をし、清潔な状態にしてから貼り付けましょう。

清潔でない状態で貼り付けると、ニキビを悪化させてしまう恐れがあります。

 

剥がす時は、濡らしながら

ニキビパッチをはがす時は、水やぬるま湯で濡らしながら、慎重に剥がしましょう。

ここで乱暴に剥がしたりすると、肌に刺激を与え、ニキビが悪化したり、潰れてしまったりすることもあります。

濡らすことでパッチがはがれやすくなり、肌へのダメージを抑えながら剥がすことが出来ます。

 

貼り換えの頻度

ニキビパッチを張り替える頻度は、1~2日に1回が目安です。

あまり長く貼り付けていると、蒸れたり、不衛生です。ニキビの状態が悪くなる恐れがあるので、貼ったままにしないように気を付けましょう。

ニードルタイプの場合、長時間貼り続けているとかぶれの原因になるものもあるので、メーカーが推奨している使用期間を守るようにしてください。

使用期間が短い場合は、保護タイプと併用するといいでしょう。

 

まとめ

ニキビパッチは、ニキビの保護に使うパッチです。

ニキビを外部の刺激から守り、潰れたりするのを防ぎます。

医療用として認可されていないので、治療として使うことはできません。

稀ですが、ニキビが悪化する可能性もあるので、気を付けましょう。

貼り付ける時は、洗顔し、清潔な状態で付けましょう。

貼り換えの目安は、1~2日。

あまり長期間貼り続けていると、蒸れの原因になったり、不衛生なので、気を付けましょう。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。