化粧水をケチらずに沢山の化粧水を使う…



アラサー・30代の化粧品を紹介する女性

アラサー・30代になると肌の悩みは増えるものですが、肌に透明感があるとそれだけ美肌に見えるものです。

年齢を重ねてアラサー・30代になると肌の透明感がなくなったと感じることがあります。

年齢を重ねることで肌の透明感が失われるのは原因がいくつかあります。

紫外線の対策が十分ではなく、年齢を重ねて肌の再生と修復力が低下し、クレンジングや洗顔が不十分の可能性も考えられます。


さらにストレスがあったり、冷え性や睡眠不足なども影響していることもあります。

メイクをしても顔色が悪く見えたり、クマやシミが目立つなどの場合には血行不良が影響しています。

体の冷えは新陳代謝が活発ではなく、古い角質が肌に残り角質がくすんで見える原因になります。

またくすみの原因には紫外線があり、紫外線によって肌のターンオーバーを遅らせて、さらに肌はくすんで見えてしまいます。


透明感のある肌の状態になるためには、水分が豊富で肌の色が同じで、日焼けしておらず血行も良く肌に凹凸がない状態です。

肌に水分がしっかりと含まれていると肌にハリが生まれ、肌そのものに光沢感が出るので肌が透けて見えるようになります。

アラサー・30代の肌も肌に水分を含ませたり保湿することで透明な肌を作ることが期待できます。

肌が透明ではなくくすんで見える原因に血行不良も影響します。


アラサー・30代で透明感のある肌になるためには、化粧品の選び方や生活習慣の見直しも必要です。

肌が透明な印象がある人は、高い化粧品を使っているというわけではなく、普通の化粧品を使っていても美肌という人も多いです。

この場合には、使用する化粧品の中で化粧水をケチらずに沢山の化粧水を使うことが大切なことです。

化粧水をたっぷりとつけた後は、乳液などで保湿して水分を閉じ込めることも必要です。


保湿のできる化粧品を選ぶだけではなく、クレンジングや洗顔方法も見直します。

メイクをしたまま寝てしまうなどの行為は、肌に負担をかけることになります。

メイクをしたまま寝ると毛穴と皮脂腺を詰まらせて毛穴を広げてしまいます。

毛穴が広がってしまうと簡単に元に戻すことが難しく、ここから炎症が起きたりコラーゲンが破壊される要因にもなり、肌の老化を進行させてしまいます。


スキンケアでできることは、アラサー・30代になると肌のターンオーバーの周期が乱れて、古い角質が肌の表面に蓄積されるため、ピーリングすることも肌を透明に見せるためには検討すると良いです。

ピーリングは肌が弱い場合にはおすすめできないため、肌が弱い場合には酵素での洗顔がおすすめです。

美肌になるためには、ビタミンCが配合されている化粧品を使うのも良い選択です。

ビタミンCは、抗酸化作用がありますが壊れやすい成分でもあるので、ビタミンCの力を引き出すことができるビタミンC誘導体が含まれている化粧品であれば肌の浸透力を高めて浸透後にビタミンCに変化し、抗酸化作用を高めて新陳代謝を高めることが期待できます。

※参考になるサイトです→60代に人気の化粧品



■ サイト・コンテンツ ■

ページの先頭へ