保湿スキンケアと合わせて、食生活でもコラーゲンをしっかりと摂取できるよう栄養に気を使う…



アラサー・30代の化粧品を紹介する女性

アラサー・30代になって、20代の頃と比べて肌質に変化があり、お手入れ方法を変える必要があると感じる方は多いのではないでしょうか。

確かに年齢が上がるにつれて、新陳代謝の衰えや、水分不足で肌の弾力がなくなるなど、いろいろと悩みが増えてくるのも事実です。

特に毛穴の悩みを持つ方は、しっかりとケアをしないと、肌がくすんで見えてしまい実年齢よりも上に見られる恐れもあるので、毎日のケアを怠らないことが大切です。


アラサー・30代はお肌の曲がり角ともいわれていますが、化粧水やクリームなどの基礎化粧品でスキンケアをすることをはじめ、美顔器や顔のマッサージで、肌質を若々しく保つことも可能です。

毛穴の悩みは様々な症状がありますが、特にしずく型の毛穴の目立ちはアラサー・30代以降の方が多く、加齢が原因であるといわれています。

毛穴がしずく型になるのは、毛穴の周りの皮膚がたるんで、重力によって下がってしまうからこのような形になるようです。

特に頬や鼻など顔の中心は、化粧でもうまく隠すのは難しいため、スキンケアの他にもマッサージ、食事などで改善をするのがおすすめです。


肌のたるみは、保湿不足、乾燥が原因になっていることが多いといわれています。

肌をしっかりと保湿するためには水分保持に役立つヒアルロン酸やコラーゲン配合のスキンケア化粧品を使うのが良いでしょう。

また、食生活でもコラーゲンをしっかりと摂取できるよう栄養に気を使う必要があります。

コラーゲンが豊富に含まれるのは、鶏の手羽や軟骨、豚バラ肉、カレイ、エビ、イカなどです。

また同時に摂取するべき栄養素は、美肌成分の代表でもあるビタミンCや必須アミノ酸であるトリプトファンです。

ビタミンCは緑黄色野菜や柑橘類、トリプトファンは穀類や乳製品などに含まれています。

これらも一緒に摂ることでコラーゲンが定着しやすく、また効率よく摂取できるといわれています。


スキンケアや食事以外でも、顔のたるみを改善するためには、顔の表情筋を動かしてマッサージするのも良いようです。

顔の筋肉は、普段からあまり動かすことが少ないため、凝り固まっていることも多く、意識して表情筋を動かして顔の体操をしましょう。

手を使って頬を上に持ち上げたり、口を大きく開けて、肌を上に持ち上げることを意識するのがポイントです。


また、マッサージ以外にも美顔器を使ってケアするのも一つの手段です。

美顔器は、美容液の浸透を良くして、肌を柔らかくする効果やリフトアップにも良い働きがあるので、経済的に余裕があれば、ぜひ一台購入するのがおすすめです。

アラサー・30代は若い頃と比べて、肌質が変わり始める節目の年齢でもあるため、スキンケア商品の見直しや生活習慣を改めることも重要です。

ずっと先の年齢でも、美しい肌でいられるように、アラサー・30代からお手入れ方法を見直して、きちんと毎日ケアするように努力していきましょう。

※参考になるサイトです→リフトアップ化粧品 試供品



■ サイト・コンテンツ ■

ページの先頭へ