化粧をしないで出かけても「肌がきれいでうらやましいね」と褒めてもらうことが多い…



アラサー・30代の化粧品を紹介する女性

ニキビというのは10代の思春期からよく出てくるお肌のトラブルの筆頭だと思います。

筆者も10代の頃は必死になって洗顔したりしてスキンケアに努めていましたが、どうしても気になるときはつぶしてしまったり、それに伴って跡が残ったりしていました。


20代になると就職してお化粧をしなければならないので、化粧品を使ってなんとか隠してみたり、ニキビ対策の化粧品を購入してみたりといろいろしてみました。

結局、どんな高額な化粧品を使用してみても治まらない時期もあったので化粧自体をやめ、洗顔に重点を置いてスキンケアをするようになりました。


すると、あんなに頑固に何度も出てきていたニキビが落ち着くようになりました。

仕事がら顔が汚れることも多く、さらには化粧品を塗りたくっていたのにきちんと落とし切れていないことが原因のようでした。

アラサー・30代に突入してからも肌の状況はそんなに変わりませんでしたが、転職を機に化粧をしなくてはならないようになったので、また化粧品が肌に残らないように洗顔料に気を使ったりするようになりました。


特にアラサー・30代になってからはお酒を飲む機会が増え、帰宅が遅くなってしまうことが多く、化粧落としで顔をさっとふき取るだけで就寝してしまうことがありました。

そんなことをしているとやはり化粧品が残ってしまうし、仕事の疲れやストレスからニキビのような吹き出物が出てくるようになりました。


特にひどいのが眼鏡のツルの当たるところと、口回りで、おそらく口の周りはストレス性だと思われるのですが、眼鏡の部分はどうしても毎日起きたらすぐにかけて寝るまで外さない生活なので汚れもつきやすく、眼鏡自体も汚れているのでどんなにきれいに洗っても汚れが落としきれなかったのではないかと考えています。


そこで気を付けようと思ったのが、化粧をして出かけてどうしても当日のメイク落としができなかったとき、翌日起きた時に必ずぬるま湯でしっかり洗顔、そして洗顔後、保湿成分の多い化粧水や乳液などをあまりたっぷりつけすぎないようにすることでした。

化粧品を使って隠してしまうことも考えましたが結局のところ汚れが残りすぎて悪化していくだけなので、それならばしっかり化粧品の成分を落として肌を清潔にし、保湿するほうがニキビや吹き出物対策になると思います。


現在の筆者はアラサー・30代も後半ですが、化粧をしないで出かけても「肌がきれいでうらやましいね」と褒めてもらうことが多いです。

こんな感じの対策ですがご参考になれば幸いです。



■ サイト・コンテンツ ■

ページの先頭へ