>アラサー・30代の脂性肌の大半はインナードライ肌…化粧品の中でも化粧水選びにも注意!



アラサー・30代の化粧品を紹介する女性

脂性肌は、高校生など10代など思春期が終わると思っていたのにアラサー・30代の大人になっても脂性肌という場合があります。

思春期の脂性の原因は、成長ホルモンです。

成長ホルモンが大人になると分泌が落ち着くために、それに伴って皮脂の分泌も落ち着き肌質が改善されていきますが、アラサー・30代の大人になっても脂性が改善しない場合には、体質というよりは間違ったスキンケアや化粧品選びが原因の可能性があります。


アラサー・30代の脂性肌の大半はインナードライ肌で、皮膚の表面が皮脂でべたつきがあり、内部は乾燥している状態です。

これは間違ったスキンケアを続けたために起きている状態で、インナードライ肌です。

皮脂が気になるのであぶらとり紙などで皮脂を取り除きますが、皮脂を取り除くケアばかりして化粧品で保湿をしないと知らないうちにインナードライ肌になっていることが考えられます。


アラサー・30代の乾燥脂性肌を改善するためには、皮脂をとり過ぎず、しっかりと保湿効果がある化粧品などを使うことがポイントです。

クレンジングはオイルタイプは洗浄力が強いので、肌への負担になるため、皮脂が気になったとしてもミルクタイプやクリームタイプのマイルドな洗浄力のクレンジングを使うようにします。


保湿も大切です。

脂性の場合、普通肌や乾燥肌の保湿の化粧品ではべたつくことがあるので、オイリー肌の場合には保湿のための化粧品選びも注意します。

皮脂を抑制する効果が期待できる成分はビタミンC誘導体、潤いをしっかりと与えてべたつきにくい高保湿成分はセラミドやプラセンタなどがあり、これらを選ぶと良いです。

皮脂が多く分泌されるTゾーンには保湿は控えめにすることもポイントです。


アラサー・30代で脂性の場合は、皮脂が多く分泌されるだけではなく、乾燥することも皮脂の分泌量を増やす要因になるので、化粧品の中でも化粧水選びにも注意します。

毛穴が開きやすいため収れん効果のものを選ぶことがあります。

収れん効果がある化粧水は、余分な皮脂をコントロールすることができ毛穴ケアも可能になります。

肌の水分量が少ないことで皮脂の過剰分泌になっている可能性もあるので、化粧水を減らしたり、べたつきを気にして化粧水の後の乳液やクリームを使わないなど誤ったケアをすることで余計に皮脂を分泌してしまうので、保湿は行うようにします。


アラサー・30代でも脂性肌の場合には、皮脂の分泌量が多くなる原因には肌の乾燥も影響していることが考えられます。

選ぶスキンケア化粧品は、皮脂を抑制する成分と保湿効果が期待できる成分が配合されているものを使うようにすると肌も改善されることが期待できます。



■ サイト・コンテンツ ■

ページの先頭へ