アラサー・30代の基礎化粧品選びのポイントは、保湿にこだわる…



アラサー・30代の化粧品を紹介する女性

アラサー・30代になるとお肌の調子も変わってきます。

20代の頃に比べると、肌の質も変わってきてしまい潤いやハリやツヤ、弾力などが明らかに変わってきてしまいます。

アラサー・30代からは、ご自身に合った化粧品を見つけてきちんと丁寧に時間をかけたお手入れをしていくことが大切なのです。


しかし、化粧品は実際に使ってみないとわからない部分もあり、数多くある化粧品の中からどれを使っていけばいいのか迷ってしまうこともあります。

そんな時に役に立つのが体験談です。

実際にその化粧品を使った人の具体的な意見を聞くことができますので、とても参考になります。


お肌にはたくさんの種類があり、人によって肌質は全然違っているものです。

乾燥肌や敏感肌、混合肌や脂性肌など、まずは自分のことを把握していくことが大切です。

化粧品を選ぶときには自分に合った種類を選ばなければ、反対に悪影響になってしまうこともあります。


新陳代謝や女性ホルモンの分泌に変化が現れてきます。

メイクを落とさずに寝てしまったり、夏の暑い日に紫外線対策をせずに日光の光を浴び続けてしまったら劣化が進んでしまう状態です。

このままではダメージを受け続けてしまって取り返しのつかないことになってしまいます。

アラサー・30代になるとインナードライという、乾燥性の皮質肌に悩んでしまう人も増えてきます。

化粧崩れが起こりやすかったり顔のTゾーンは脂っぽいのに、カサついてしまうようになる状態のことです。


女性が良いと思ってしている普段の行動が逆効果になってしまっていることもあり、ベタつくからといってクレンジングを使い過ぎてしまったりあぶらとり紙を使うことは要注意です。

パックを長い時間つけて放置したり、冬場に寒いからといって熱いお湯で洗顔をし続けることもあまりよくないでしょう。


ほうれい線や目元のシワが気になり始めるのもこの時期です。

小じわやたるみの原因にならないようにきちんとケアをしていくことが大切です。

気になり始めたら、保湿性の高いクリームでケアをしていく必要があります。

クレンジングをする時には、低刺激のものを使用しこすり過ぎないように気をつけましょう。


肌の調子が悪くなってしまったら、化粧品を変えてみるのも解決の方法です。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが多く含まれた保湿クリームを使うと効果的です。

それと共に、運動習慣や食生活や水分補給をしていくのも大切です。

毎日の生活の中で心がけていきましょう。



■ サイト・コンテンツ ■

ページの先頭へ