スパイファミリーのアーニャがかわいい!角は?正体がバレた?

マンガ「スパイファミリー」で、その容姿がとってもかわいいと人気キャラのアーニャですが・・・

  • その正体は何なのか?
  • また、その正体はバレているのか?

スパイファミリー読者において、このようなところが気になっている方も多いのではないでしょうか?

また、アーニャの角が何を意味するのかも謎が多いですよね。

今回はそんなかわいいと人気なアーニャに関して、その正体や角の謎について詳しく迫っていきたいと思います。

 

スパイファミリー!アーニャの正体がバレた?

彼女の特殊能力が周囲に知られる時、それは彼女の中で、決して失われてはならない、平穏な家庭の安らぎが無くなる時です。

いつかは知られてしまうかもしれない……
それは、幼いアーニャも予感していることではないでしょうか。

原作世界を読んでいる側の私たちとしては、スパイ、殺し屋、サイキックの仲睦まじい親子が気心の知れたチームとなって、世界中を暴れまわるドラマも見てみたい気がします。

ですがもしもそれが適うなら、もう少し時間がいるかもしれません。

父である凄腕スパイエージェントのロイド・フォージャー、母である無敵の殺し屋ヨル・フォージャーの本当の姿を知っているアーニャに・・・

自分たちの正体を知られてしまったロイドとヨルが、家族を続けてくれるのか、もしかしたら自分は処分されてしまうのではないか……

心のうちに、そんな瞬間がやってくることに怯えている様子が、彼女の驚いたかわいい顔から、少しだけ感じられてしまうのは私だけでしょうか。

アーニャの深い心のうちは、彼女自身にしかわかりませんね。

スパイファミリー! アーニャの正体は?角が意味することは?

アーニャの正体は、超能力者養成機関によって育成された「被験体007」、他人の心を読むサイキックです。

アーニャは実験施設の研究員たちから”偶然生み出された”貴重で稀有なサンプルとして扱われていて、“超能力者であることを知られてはいけない”と、日頃から教育されていました。

なぜかって?

最重要機密である、サイキックエージェントの素体であり、敵側に奪われたり、一般人に正体を知られようものなら、工作員として使うことも危うくなってしまうからです。

しかし、そんな大人たちの言うことよりも、逃げ出したアーニャにとって、何より欲しかったのは家庭の温かさ、優しい母や父との家族生活だったのです。

自分がサイキックであることが知られれば、便宜上誂えられた家族の形など一瞬にして霧散してしまう。
彼女の正体がバレる時、それは自分の守りたいものが全て崩壊する瞬間……
それは誰より何より、アーニャ自身がわかっていることなのです。

彼女の頭にある、三角形の“角”のような飾りはなんでしょう?

まるでアンテナのようにピクッと動く時があり、もしかしてサイキック養成機関によって取り付けられた、精神増幅装置のようなもの!? などと思ってしまいますが、今のところ原作ではそのような表現はありません。

ただのヘアーアクセサリーかもしれません、でもひょっとしたら……

スパイファミリー! アーニャが可愛いと話題に!

とにかく驚いた顔と、父ロイドに褒められた時の喜ぶ顔がかわいいアーニャ!

彼女の心が揺り動かされる瞬間を待ち構えて、ついついページをめくり続けてしまう自分がいます。

そして泣いた時の顔! アーニャというキャラクターを作った遠藤達哉先生に感謝しかありませんね。

★スパイファミリーの人気キャラ「アーニャ」のセリフが名言で心に刺さると話題ですね!

そんなアーニャの刺さる名言をまとめてみました♪

>>スパイファミリー!アーニャの名言まとめ!心に刺さると話題に!

まとめ

ロイド、ヨル、アーニャたちの関係と絶妙な立ち位置、それぞれが抱える背景と義務感、決して明かされてはいけない本当の姿…… これらが混然一体となって、この作品に魅かれてやみません。

“深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ”

有名なニーチェの言葉ですが、この内容を単独で打ち破っている幼い少女が、『スパイファミリー』というタイトルそのもののような気がします。
※ロイドさん、遠藤先生ごめんなさい

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。